スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のお稽古(2)唐物、置き炉でお薄

遅れて伺ったら、Kさんが唐物をやられていて、ひょえ~。
私は確か、風炉でしかやったことがなく、、袱紗の扱いにすごく手こずった記憶が。ドキドキ。
**************************************************************************************
お水差し→お茶入れ(両手で扱う)→お菓子→戸を閉める→お茶碗で入り→戸を閉める→お茶碗を五つ目に仮置き→お茶入れを両手でいまいの位置で外隅狙いで置く→お仕覆を脱がせて(手は左から右)→お仕覆を水に返してお水差し左に置く→袱紗を真に捌いて、お茶入れを清める→両手でお水差し前に置く
→しっこうして下がる→建水を取り、戻る→いまいでお茶碗を取り、お茶を立てる→使ったお茶筅は、炉の右隅の真ん中の五つ目に置く→
お茶を出す→中仕舞い→拝見→割り越え(お茶入れを先に拝見)→かんつき横に置く→お茶勺、お仕覆は行なので、少し離す。
**************************************************************************************
こんな感じだったかしら?
袱紗の真の扱いがまだまだです。今日は久しぶりだったので、先生もあまり厳しく言われなかったけど。
今年から、2人男性が入門され今日もお一人見えました。もう一人の方はまだお会いしてないのですが。
なんかそういう風が吹いているのかしら?
どんな風が吹こうと、不調法な私は、もくもくやるしかないんだけどね。
スポンサーサイト

タグ : お茶、茶道、裏千家、お稽古

2月のお稽古(1)、記憶間違いはご容赦下され

先月お休みしたので、今日が今年初めてのお稽古。

長板のお薄、筒茶碗。
両手でお棗とお茶碗で、入って、戸を閉める。
中央にお棗、お茶碗を置く。
長板の上の建水を、両手で持って、お茶碗横を通る時右手を外して、左膝横に置く。
蓋置きを、扱って置く。
居ずまいを正す。
火箸を外して、右左右左で長板左箸に置き、2cm程残すまで進める。
左手を畳について、右手で柄杓を右肩から出して、蓋置きに置く。

左で膝前にお茶碗
右でお棗→膝前
絞り茶巾を蓋の上。
筒茶碗に傾けて茶筅を入れ、温めておく。
絞り茶巾をたたむ→蓋の上。お茶碗傾けて、茶筅通し。茶筅は中央。
うーむ、記憶がたどれない。

お初釜

今日お初釜。
お初釜は、茶道のお正月にあたるんだと思う。
お着物を着て、お初釜に参加します。
ろんずーは一人で帯を締められなかったけど、今朝出来た!ワオ!
帯揚げはきれいじゃないけど、着心地は安定してる。自分でもビックリ。やったー!!
先生宅に到着すると1階のお部屋で、皆さんにご挨拶をしながら全員揃うのを待つ。今年は6人。
席入り:お扇子でご挨拶の後、にじって入場。
お軸→お釜→お棚の順に拝見して、席に着く。
お菓子:縁高に人数一人一本の黒文字が差し込まれて、花びら餅。
お正客より、感謝して、下から2段目より高い縁高を斜めにずらして、
黒文字を一番下段に差し込んで、2段目からを次の人に。
総礼2回。
お詰めの方は、拝見のお道具を立ってお正客に出会いで。
先生のお手前を見るのは1年に一度。
気取らず和やかなお席に感謝。

お茶の銘とお詰め:??
お菓子:花びら餅(鶴屋八幡、去年までは吉信だった。ピンク色が濃くてこっくりしたお味)
お茶碗:織部の平茶碗(お正客)、お次客(や七の織部)
お茶入れ:中興名物写し草柳?細長いシックな。
お仕覆:鳳凰?
お茶勺:大徳寺の○○さんの、愉楽(少しお茶がついている細身で濃い色のこのお茶勺を拝見した時、仄かな色気を感じてしまった)
お棚:寿棚
お軸:白鶴なんとか
お花:曙
お花入れ:竹の一つ切り
お香合:猪

**皆さんで千歳盆でお薄**

1階で、三友居のお弁当を頂く。これがまたおいしい。
先生主催のくじ引き大会で、明るい南天模様のお水差しを頂く。
歓談後解散。
吉祥寺まで3人で歩く。
2年連続悪天候だったので、今年は足元がよくて良かった。
もしかして今年は、お休みする期間があるかも知れなけど、
お稽古のこと、ブログに記録しとこ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。