スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

連休3日目、夫が見たいという映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」を、
池袋の映画館に自転車で見に行く。
初回10:45の回。
乙女ロードだけ人が多い。

出会って4ヶ月足らずで入籍と共に同居した夫と映画を見に行くのはこれが初めて。

日本人ばっかりだけど、全編英語。

「思いっきり笑えそうだね」と言って出かけたけど木村佳乃役のヒロインが思いっきり蹂躙されて、笑うよりツライ。

伊勢谷友介が、白軍源氏の義経。
余りに男中心のストーリーの中で華ではあるけど、
やってることはやらしくて男くさい佐藤幸市と大して変わらない。
しかし、かっこよかった~。

平家と源氏の戦いとゴールドラッシュの西部劇を足した全てがあり得ない設定で、
人はガンガン打たれる切られるで、息を呑む感じ。

最後の桃井のシーンは泣ける。

終わって、「あんまり笑えない映画だったね」と言おうとしたら、
夫が「面白かったわぁ!」と。
彼曰く、これだけ滅茶苦茶な設定だと大マジメにやらないと持たないらしい。
なるほど、そうかぁ。
すごく注目されそうか全然評価されないか分からないけど、
こういう映画がヒットするのもいいね。

夫が「ジャンゴ~」「ジャンゴ!」と連呼するのはいいのだけれど、
たまに「ぶちこんでやるぜ、イヒヒ」と佐藤幸市真似で下司な笑いをするのが、
ちょっと。。

役者はみんな、すごい迫力だった。石橋以外。
オススメです。特に男性には。



スポンサーサイト

元旦一月一日、映画の日「犬神家の一族」

新年明けましておめでとうございます
東京は快晴でいい元日でしたね。

お雑煮と簡単おせちを食べて朝来た朝日新聞を読んでいたら、「今日は映画の日かぁ!」と。
で、午後吉祥寺で「犬神家の一族」を。
私は、富司純子が見たかったの。
あの年代の女性が主役の映画ってなかなかないでしょう。
それと、私が駄目なものの一つがミステリで2時間なんとかミステリ劇場を見る時、私はかなりぶっこわれてるってことなんだけど、横溝正史の日本の和の暗さと人情は好きで、その中で犬神家の一族と八つ墓村は特別。子供の時に、角川の過激な宣伝戦略によって、私の心に突きつけられた大人の不条理で怖い世界の象徴的作品なんだと思う。
新聞で市川昆の記事を見ていたけど、本当にそのまま作り直したのねぇ。前作はこの役は誰だっただろうと思いながら見ていた。
ゆったりしたテンポ、あれがいい。
ただ、死体の人形がもうちっとリアルだったらよかった。
誰かがブログで書いていたけど、松嶋菜々子と奥菜恵の身長差は「へっ?」と思わされたわね。
ヤフーのレビューを見ると、あんまり評判よくないけど、
私は、富司純子と菊之助の親子シーンは涙が出ました。
私は楽しんで満足。

さてさて、






テーマ : 徒然なるままに - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。