スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山っぽい

唐突だけど、結婚することになって、
先週末、彼と私の実家富山に行って来ました。

私は行く前から体調が絶不調で、富山では二日点滴を打ってもらった。
でも、彼が来る前に断絶していた父と長兄が和解して、
彼が来たら来たで、みんな喜んでくれて、ばんばんざ~い!!に。

「気立ての悪い子で、よろしく」と言う父(どーいうことだ?)の見たことのない表情。
生まれも育ちも東京の彼が真似る母の富山弁。

どちらかと言うと(言わなくても)嫁き遅れなので、みんなすごく喜んでくれる。「よかったねぇ」の前に実感のこもった間がある。
ありがたや。

彼の実家にお土産に、富山らしいものをということで、
母と富山駅のステーションデパートに。
ヤッパリ!かまぼこでしょう!ってことで。
うちのは、鯛と祝だけだけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。