FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物園、蝋梅と水仙

いいお天気で気持ちがいいので、自転車で深大寺に。
三鷹からバスで行こうか迷ったけど、人も車も多くて深大寺付近の幾つかのバス停にバス待ちの人がいました。自転車で行って正解。
元旦の新聞に植物園でクラッシックコンサートをやると書いてあり、
植物園へ。コンサートは「エバリー」という若手クラッシックカルテットというのかしら?。並べられた丸椅子に座ると陽光が熱いほどで、私はキャップを持参していてよかった。風もなく寒くもなくコンサートを楽しんだひと時でした。
植物園で咲いていたのは、蝋梅と水仙。
蝋梅の香りが嗅げて、行ってよかった。
木蓮の芽も出ていた。

070103_1320~01.jpg

070103_1316~01.jpg


なぜかお蕎麦を食べる気にならず、目当てにしていたレストランが見つからず、イタリアンのファミレスに。学生時代に通った思い出の店がファミレスでお手軽になっているわけだけど、一人だと落ち着かないので再不去することに決めた。
店内、人が少なくなって来て、中谷美紀のインド旅行記1が面白くなって来た。巻頭のインドの風景写真の空の色がきれいなこと。

今年は東京で一人お正月で、寂しくてどうなるのだろう??と思ったけれど、意外に落ち着いていてひと時ひと時が何故か楽しくて嬉しい。
こんなこともあるんだねぇ。
人がうんと少なくなった東京で一人になって初めて自分を見つめなおせた感じ。暦を作ってくれた人類に感謝だわ。
帰りにヨーカドーに寄ったら、すごい人。車も多いみたい。
みんな帰省から帰って来て食料の買出しなのかな。
町の空気が動き始めた。
一人お正月を楽しんだ後は、するっと現実生活に向かいたいな。
するっとね、





スポンサーサイト

Comments

あけおめ!
エンジョイ一人、なかなか素敵で充実した年末年始ね。
リンク、ありがとう。
私のブログ、いつまで続くか不明だけど、よろしく。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラッシッククラシック (classic) は、古典の意。「格式のある」の意でも用いられる。文学、音楽などの芸術作品や服装、行事に対して用いられる。ここから、各分野において、歴史的に長く、評価の定まった物事を指して、単に「クラシック」と呼ぶ場合がある。* クラシック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。